身体中の水分がすべて精液になり、シャリアの中にしぼり取られていくような――。

[レキ]「しぃっ、死んじゃう……精液、ビュルビュルし過ぎて枯れるぅっ、やぁ……もぉっ、うううっ」
[シャリア]「おかしなことを言うわね。射精したいと我にねだってきたのはお前でしょう」
[シャリア]「まだまだ……この程度では物足りないはず。我らの誓いの記念……最後まで出し尽くしなさい」

悲鳴を上げるボクへそう告げるなり、シャリアは再び腰を振り始めた。
白濁で満ちた肉壺でペニスがしごかれ、その抽送に促されてまた射精の勢いが増す。
[レキ]「ひぃぃぃぃぃっ!! と、止めて、動くのらめぇ、今……動かれたら、ボクぅっ、ボク……おぉっ、もう、本当に……イィッ……んひいいいい!」
[シャリア]「まだよ……もっと鳴いて、叫んで……我をたっぷりと楽しませなさい」